不動産売却時の司法書士の役割は?依頼するメリットや費用について解説

2022-10-18

不動産売却時の司法書士の役割は?依頼するメリットや費用について解説

不動産売却の際には権利の移動がつきものなので、それに応じた登記が必要になります。
その際、登記簿の書き換えをサポートするのが司法書士ですが、なぜ依頼したほうが良いのでしょうか。
そこで今回は、不動産売却時の司法書士の役割はどのようなものか、依頼するメリットや費用について解説します。
弊社は南から北まで全国を対象に住まいのお悩みを解決していますので、不動産売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時の司法書士の役割は?

不動産売却時の司法書士の役割は?

司法書士の資格と仕事は、どのようなものでしょうか。

司法書士とは?

司法書士は、専門的な法律知識に基づき、登記や供託の代理行為をおこなう国家資格者です。
司法書士の試験は毎年の合格率が約3%という難関で、国家試験のなかでも最難関に入る狭き門を突破しているのです。
法務局に登記を申請するための申請書類を作成するほか、裁判所や検察庁に提出する書類を作成する業務もおこないます。
不動産売却関係では、土地や建物の所有者が変更された際に、所有権移転の登記をおこなうだけでなく、抵当権が設定されている場合には、それらの抹消や新しい抵当権設定登記もおこないます。
登記の義務は売主と買主が分担するべきものですので、司法書士の役割のうち、今回は売主のサポートをおこなう場合にスポットを当ててご紹介します。

売却時にはなにを依頼をする?

売却時に司法書士が売主のサポートをする際の代表例は、抵当権の抹消登記です。
売却にともなって、完済の形を取った住宅ローンには、債権を担保するための抵当権が付与されています。
ローンの完済によって、この抵当権を抹消することができますが、反対にこの抵当権が残ったままでは売却することができません。
このほかに、売主の現況が結婚や転居で氏名住所の変更がある場合、一度これらの変更を登記簿に反映させる必要があります。
また、売主が相続した不動産を売却しようとしている場合、一度売主の名義に変更した後に、相続目的の売買をおこなうという順序が必要となるため、相続の登記も必要になります。

不動産売却時の登記とは?

このほか売却時における登記の全体像では、買主の義務において、売却対象の不動産の所有権を買主の名義とすることとなります。
また、買主が物件の取得のために住宅ローンを借り入れた場合は、その住宅ローンの抵当権設定がおこなわれることになります。
これらの権利関係の移動は、売却の残金決済日に、すべて同時におこなうのが原則です。
売主の相続と抵当権抹消、買主の所有権移転、抵当権設定などが同日に設定されます。
司法書士はこれらすべての申請書類の事前準備をおこない、決済当日に残金着金やローンの実行を確認しながら、当日中に法務局で登記の申請を完了するのです。
この日に必要な書類が揃わなかったり不備がある場合には、決済の諸手続きに影響しますので、不動産会社とよく事前打ち合わせをしたうえで、準備をしましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に司法書士に依頼するメリットは?

不動産売却時に司法書士に依頼するメリットは?

登記は自分でおこなうことも可能なのですが、それを司法書士に依頼する理由やメリットとは、どのような点があるのでしょうか?

詐欺やトラブル防止

高額な不動産取引において、売主は権利証や権利移動を委ねる必要があり、買主は高額の支払いが生じます。
双方がそれぞれの立場で詐欺や、話が違ったなどのトラブルに関する不安を抱えているでしょう。
そこに最初に介入するのは不動産会社ですが、司法書士もこの状況を預かって国家資格を背景に、双方が公平かつ安全確実な所有権移転の登記をおこないます。
また、司法書士は売主と買主双方の本人確認だけでなく、双方から提供された書類が間違いなく本物であるかなどの確認までおこない、詐欺やトラブルを防止する役割も担います。
これらの点が、司法書士に依頼するメリットのひとつ目です。

時間と労力の節約

もうひとつのメリットは、専門知識がない状態でかかってしまう時間と労力を節約できる点です。
まず、法務局は毎日24時間業務をおこなっているわけではないため、勤め先がある方は休みを取って手続きに出向く必要があります。
慣れていないためまず事前に登記相談をおこない、必要な書類や手続きを明らかにしてから登記の手続きに進み、さらに不備が見つかれば訂正のためにまた法務局に行かなくてはなりません。
また、不動産は最寄りの法務局が管轄するため、売主の方の住所地から物件が離れている場合は、その都度遠方の法務局を訪ねるようになるのです。
境界確定や相続などの問題も考え合わせると、遠方の物件の変更登記を司法書士へ依頼をせずに進めるというのは大変な作業です。
このような状況を考えると、報酬を支払って司法書士に代理を依頼した方が安心安全で良いでしょう。
料金についても、依頼する先によって一律ではありませんが、大きな差はありませんので、不動産会社に相談してみても良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に司法書士に依頼する際の費用は?

不動産売却時に司法書士に依頼する際の費用は?

最後に、不動産売却をする際に司法書士に依頼することでかかる、売主の費用負担について解説します。

抵当権抹消登記

抵当権抹消手続きは、住宅ローン完済後に金融機関が設定していた抵当権を抹消するものですが、司法書士の報酬は1万円から2万円です。
そのほかに、法務局に収める登録免許税が、実費として不動産の数×1,000円かかります。
不動産の数に対して1,000円かかるので、一戸建てを売却する際には土地と建物それぞれが対象になるため、費用は2,000円となります。
抵当権抹消登記の際は、金融機関からの「住宅ローンの返済が完了していますので、抵当権抹消をお願いします。」という主旨の書類が必要です。
ローン完済の際に送付されているものですが、紛失などしている場合には再発行が必要となります。
その場合、その後金融機関が合併や支店統廃合している場合などは、かなりの手間を要するので要注意です。

住所変更登記・氏名変更登記

住所変更登記・氏名変更登記は、戸籍謄本では古くなっている住所や氏名を、一度現時点のものに変更する手続きです。
不動産の登記上の住所・氏名が現在のものと一致しない場合は、登記以前にその不動産の売買契約の締結ができないことになります。
前述したように、家を購入した時点の当時の住所で登記していたり、結婚前の旧姓で登記していた場合は、住所や氏名の変更登記をおこないます。
住所や氏名の変更登記の場合、司法書士の報酬は1万円から2万円です。

相続登記(所有権移転登記)

相続登記は、相続によって自己所有物件になった際の、所有権の移転をおこなう手続きです。
一度相続を完了させてたあとに自分の名義にする必要があるために登記をおこなうのですが、そのための司法書士の報酬は4万円から5万円となっています。
また、法務局に収める登録免許税は、他のケースと計算が異なり、その物件の「固定資産評価額×0.2%」で計算することになっています。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却時の司法書士の役割はどのようなものか、依頼するメリットや費用について解説しました。
司法書士はもちろん依頼者の代理人ではあるのですが、円滑で公平な権利関係の移動に寄与してくれる存在ですので、不動産会社を通してうまくサポートを受けましょう。
スムーズで理想に近い形の売却のためには、専門知識に基づいた検討の上、さまざまな手段の中から方針を決めて進めることをおすすめします。
弊社では全国を対象に、不動産売却を検討されている方のお問い合わせをお受けしております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0365553053

営業時間
09:00~22:00
定休日
無し

売却査定

お問い合わせ