不動産売却の際に利用するレインズとは?登録の流れやメリットについて解説

2022-09-06

不動産売却の際に利用するレインズとは?登録の流れやメリットについて解説

自宅の売却などで不動産の売主となる方は、レインズという言葉を耳にするようになります。
レインズは売却する物件の情報を広めるうえで、大事な役割を果たします。
そこで今回は、不動産売却の際に利用するレインズとはどのようなものか、登録の流れやメリットについて解説します。
弊社は南から北まで全国で住まいのお悩みを解決していますので、不動産売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際に利用するレインズとは?

不動産売却の際に利用するレインズとは?

レインズとは、どのようなものなのでしょう?

レインズとは

レインズとは、不動産の物件の情報が登録され、閲覧や書き換えができるネットワークシステムです。
物件の写真や文字情報、取引履歴、図面などが登録されており、一般的な個人の売主や買主はアクセスできず、登録した不動産会社だけが閲覧や書き換えが可能です。
レインズの運営は国土交通省の任命を受けた不動産流通機構がおこない、不動産流通の円滑化や健全化という公共性を持ったシステムのため、利用するのに料金はかかりません。
ふだん目にする一般的な不動産ポータルサイトとの最大の違いは、成約済みの取引履歴もみられることで、同一エリア内の取引情報を確認して参考にすることができることです。

レインズの利用方法

レインズの利用目的はまず、売却したい物件情報を複数の不動産会社に知ってもらい、買主を探してもらうことです。
不動産会社は、売主と媒介契約を結ぶことでレインズに該当する物件情報を登録します。
そして登録された情報を見たほかの不動産会社から「その物件に購入の意思があるお客様がいる」という連絡が入ってくるようになります。
このように早く買主を発見でき、売却活動のサポートをおこなう働きがあります。
利用目的としてもう一点、不動産会社が物件の査定をおこなう際に、近隣の類似物件の相場の確認をおこないます。
売却に関係するおもな利用方法は以上の2つですが、売却の際と逆に、購入希望のお客様のために物件探しをする際にもレインズは活躍します。

一般の方が見られるレインズ

前述のようにレインズは不動産会社のみの利用のですが、過去の取引履歴については「レインズ・マーケット・インフォメーション」というウェブサイトで誰でも見ることができます。
このサイトでは直近一年の成約データの閲覧、さまざまな条件から物件情報の検索、希望エリアの相場価格や動向などが確認できます。
ただし、掲載情報は詳細のマンション名や住所などは個人情報保護の観点から記載されていません。
一方、レインズにアクセスできる不動産会社は個人情報取扱業者として扱われ、ログイン情報や印刷したデータの管理について、規定に沿った運用が求められています。
また、現在販売されている物件情報は掲載されていないので、一般的な不動産ポータルサイトを利用するか、不動産会社に確認するなどしましょう。
レインズ・マーケット・インフォメーションの情報を参照し、不動産会社と売出し価格について話し合う際の参考とすると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際に利用するレインズの登録の流れ

不動産売却の際に利用するレインズの登録の流れ

つづいて、レインズへの登録の流れについてです。

レインズの登録義務

レインズは不動産会社との媒介契約の種類によっては、物件情報の登録が義務付けられています。
専属専任媒介か、専任媒介契約を結んだ場合がそれにあたりますが、登録するまでの日数の期限までが決められており、それだけ円滑で公正な情報公開が求められています。
専属専任媒介契約の場合は契約締結日の翌日から5日以内、専任媒介契約の場合は契約締結日の翌日から7日以内にレインズへ情報を公開しなければなりません。
なお、レインズは全国に東日本・中部・近畿・西日本と4つの組織があるため該当するエリアに登録します。
弊社のように日本全国の物件を扱う不動産会社もあり、レインズ会員は全エリアの情報公開や閲覧が可能です。

レインズ公開までの流れ

レインズに登録して売却活動を開始するまでの流れは以下のとおりです。

  • 売却相談(売却にまつわるご希望や事情を伝えください)
  • 査定(レインズほかの調査で相場確認)
  • 媒介契約締結(売主と不動産会社)
  • レインズへ物件登録(登録証明書を受け取る)

レインズはお客様の閲覧ができないので、登録後に登録証明書を受け取ってください。
レインズ以外にもポータルサイトや不動産会社の自社ウェブサイトで物件情報を公開した以降は、定期的に販売情報についての業務報告を受けてください。

レインズに公開されないケースとは?

まれにですが、レインズに情報公開されないまま成約する物件があります。
売却する物件の商品価値が高くて短期間で成約できそうな物件や、すでに買主のめどが立っているケースなどでは、レインズに公開せずに売却を進めることがあります。
通常は売主と不動産会社とのパイプの太さから、専属専任か専任の媒介契約をおすすめしていますが、この場合は一般媒介契約を結びます。
一般媒介契約では、レインズ登録の義務はありません。
そして、売主と買主の双方から仲介手数料を得ながら、情報を集約して短期間で業務を進めることが多いです。
また、売却しているということをなるべく周囲に知られたくないなどの希望がある場合に、他の不動産会社にも公開しないで売却活動を進めることがあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際に利用するレインズのメリット・デメリット

不動産売却の際に利用するレインズのメリット・デメリット

レインズへの登録と公開にはメリットがある反面、一部注意を要する点もあります。

レインズ公開のメリット

あらためて、レインズへの物件登録へのメリットは以下のとおりです。

  • 不動産会社が情報共有でき、早期売却につながる
  • 買主および仲介する不動産会社の物件探索の負担が軽減される
  • 成約後も取引情報が確認でき、以降の円滑な取り引きの参考になる

物件選びのプロフェッショナルである不動産会社に情報共有することで、売却のスピードはやはり、格段に速くなるでしょう。

レインズ公開のデメリット

半面、レインズ公開も以下の点は注意が必要です。

  • 情報更新が早く、売れ残り感が出る場合がある
  • 不特定多数の人に、売却の情報が知られる可能性がある

レインズは多数の不動産会社が参画して物件情報を更新するため、エリア内の物件情報が次々に追加され、比較的短期間で物件の情報が古く見える場合もあります。
価格の変更、新しい情報や写真の追加などで、目に留まる工夫をおこなっても良いでしょう。
また、前述のように不動産会社はレインズ内の情報の扱いは慎重におこないますが、どうしても売却の事実が不特定多数の人に伝わっていく可能性があります。

非公開の売却活動が可能

離婚や経済的な事情での売却の事実を知られたくない、あるいはお子さんの学校の問題で、極力済み続けながら売却をおこないたいなどのご希望は、珍しいことではありません。
これらの状況を踏まえて、弊社では独自の投資家ルートに打診することで、一般的な物件情報流通はおこなわない売却も扱っております。
また、不動産会社による買取や任意売却も、知られずに売却をおこないやすい方法です。
買取については売却益が少なくなってしまう関係で弊社ではあまり推奨はしていませんが、さまざまな手法で対応ができますので、まずは査定とあわせてご相談ください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却の際に利用するレインズとはどのようなものか、登録の流れやメリットについて解説しました。
ご希望に近いかたちでのスムーズな売却には、専門知識に基づいた検討の上、さまざまな手段の中から方針を決めて進めるのが良いです。
弊社では全国を対象に、不動産売却を検討されている方のお問い合わせをお受けしております。
無料査定をおこなっておりますので、まずはお気軽にご依頼ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0365553053

営業時間
09:00~22:00
定休日
無し

売却査定

お問い合わせ