不動産売却時の訪問査定の特徴は?方法やメリットを解説

2022-06-14

不動産売却時の訪問査定の特徴は?方法やメリットを解説

この記事のハイライト
●訪問査定は、物件を訪れて販売価格を算出する方法
●訪問査定は正確で情報も集まるが、時間と手間はかかる
●査定を受ける際には、売却する自宅の資料を探しておく

不動産を売却する際に気になるのが、いくらで売れるかということでしょう。
このいくらで売れるかを算出する査定の方法のひとつが、訪問査定です。
今回は、不動産売却時の訪問査定の特徴はどのようなものか、方法やメリットなどを解説します。
弊社は南から北まで全国で住まいのお悩みを解決していますので、不動産売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時の訪問査定の特徴①チェック項目

不動産売却時の訪問査定の特徴①チェック項目

まずは訪問査定の特徴と、査定時のチェック項目についてご紹介します。

不動産売却時の訪問査定とは?

訪問査定は、不動産会社のスタッフが現地に直接伺って売却対象の物件を査定することです。
専門のスタッフが依頼者の方と直接聞き取りや確認などをしながら、住宅の内外を実地調査し、販売価格の査定をおこないます。
訪問時の土地や建物の調査にかかる時間は、ケースバイケースですが、おおよそ約1~2時間を要します。
査定の担当者は現地の訪問後に、役所や法務局で物件の法規制や道路、上下水道の状況、土地の境界、地盤などを調査し、この情報も査定額に加味されます。
このほか、現地を訪問せず、手元の資料だけで判断して販売価格を算出する机上査定という方法もあります。

訪問査定のチェック項目

訪問査定の際にチェックする項目は、下記のように多岐にわたります。

  • 立地、周辺環境、交通の利便性
  • 土地の状況(敷地計上、接道など)
  • 建物構造、間取り
  • 外装の状態(屋根、外壁、基礎の状態)
  • 屋内の状態(床や柱、建具の状態、室内の程度、リフォーム歴)
  • 設備の種類・経過年数(水回り、配電、排水ほか)
  • 方位、眺望や日当たり
  • 近隣関係(隣地境界・騒音・ゴミなど)
  • マンションの場合、共用部分の状況

これらのチェック項目以外に、後述する書面でわかる状況を加味して、査定をおこないます。

訪問査定の費用

訪問査定で、不動産会社が費用を頂くことはありません。
不動産会社としても、査定自体は利益を上げるためではなく、査定を元にして媒介契約を締結すること、成約時の概算をすることが目的であるためです。
ただし、売主の方に資料を揃えていただいたり、ハウスクリーニングを実施したうえでの査定を希望される場合は、費用負担をお願いする場合もあります。
また、不動産会社の交通費などは基本的に請求対象外ですが、媒介契約前提の流れで、遠方の物件の訪問査定をおこなう場合は実費でご請求というケースもあります。
さらに、より詳しい査定価格を希望する場合は、不動産鑑定士に査定してもらう方法もあります。
不動産鑑定士への依頼は担保価値の判断や、相続人の間で遺産分割に関して意見の一致を見ないなど、公的な判断にゆだねる必要がある場合などにおこなわれます。
不動産鑑定士は物件の売買には関与せず、鑑定自体が報酬の対象となり、依頼につき数十万円単位の費用がかかります。
また、不動産売却においては売主と買主の価値観がもっとも重視されるため、鑑定評価は参考程度とする考え方もあります。
したがって、不動産鑑定士に不動産売却のための査定を依頼するケースはほとんどありません。

この記事も読まれています|不動産売却にかかる費用はいくら?どんな費用がかかるのかを知ろう!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時の訪問査定の特徴②メリットとデメリット

不動産売却時の訪問査定の特徴②メリットとデメリット

では次に、訪問査定のメリットとデメリットを見ていきます。

訪問査定のメリット

前述したチェック項目の多さ、後述の確認書類の多さからお分かりいただけると思いますが、机上査定にくらべて精度の高い査定が特徴です。
物件を実際に確認することでしか分からない、査定へのプラス要素やマイナス要素の両面を把握することができ、正確な販売価格が検討できます。
また、査定をおこなった不動産会社と媒介契約を結ぶことになれば、確認できた情報がそのまま買主様との交渉や、売買契約時の重要事項説明などに活かされます。
不動産を売却する際に知っておく情報は、販売価格の見積もりだけではありません。
不動産を売却するにおいて、どのような種類の費用や税金がどのくらい必要なのかや、今後の売却の流れなどを、訪問査定を通じて相談することができるようになります。
そしてそのような過程の中で、不動産会社の対応の良さや強みなどを理解していただくこともできるでしょう。

訪問査定のデメリット

机上査定では当日あるいは3日以内には査定の結果がわかるのに対して、訪問査定では査定をおこなってから4日から7日程度の日数を頂くことになります。
日にちのかかる要因として、チェック項目の確認が多岐にわたることと、訪問日程のスケジュール調整が必要となる点もあります。
訪問に際して、机上査定よりも細かく、多くの書類を拝見しますので、事前の準備にも時間を要します。
また、売却を周囲に知られずに進めたい場合、とくに一戸建てでは屋外で調査をする際に、近隣の方の目に留まる可能性が気になります。
その場合は、配慮をおこないますので事前にお伝えください。
これらのデメリットをいくぶん解消する方法として、ビデオ通話などを利用したオンライン査定をおこなう不動産会社もあります。
訪問査定は現場を見て初めてわかる点もあるため、実際の訪問査定までの効果はありませんが、机上査定の補助としては有効な手段でしょう。

この記事も読まれています|不動産売却にかかる費用はいくら?どんな費用がかかるのかを知ろう!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時の訪問査定の特徴③必要書類

不動産売却時の訪問査定の特徴③必要書類

訪問査定を実施するまでに、以下の書類をご準備いただければ、査定結果もスピーディーに算出できます。

所有者の様子がわかるもの

査定の段階では、所有者について詳しく調査する必要はないものの、権利関係が複雑な場合、売却に影響することもあるためその旨ご相談ください。
以下の必要書類を、所有者及び売主の資料とします。

  • 権利証または登記識別情報
  • 本人確認書類(免許証やマイナンバーカードなど)
  • 登記簿謄本(直近のものがあれば)

ご両親の代理や共有名義の売却の場合は、どのような状況かを確認し、媒介契約の際には、所有者全員の委任状や印鑑証明をお預かりします。

土地や家屋の様子がわかるもの

以下の必要書類を、物件の資料として査定をおこないます。

  • 境界(筆界)確認書
  • 固定資産税納税通知書
  • マンションの場合は管理規約
  • 建物の図面

建物の図面は、建物配置図・平面図・立面図にくわえ、上下水道配管図・電気配線図などがあれば尚良いです。
マンション管理規約の内容は査定に影響しますので、お手元にない場合は管理組合からの入手をおすすめします。
このほか、住宅ローンの残高証明があれば、売却方法や金融機関との交渉についても、相談いただけます。

購入時の書類

そのほかに以下の書類があれば、より細かい査定の資料となります。

  • 売買契約書、重要事項説明書
  • 設備の仕様書(水回り、トイレ、エアコンなど)
  • 建築確認済証・検査済証 
  • 過去のリフォームや修繕履歴がわかるもの

これらの書類は紛失したり、最初からないものも含まれますが、探していただいて、ご不明な点はご相談ください。
そのほか、「早く売却したい」や「時間はかかってもいい良いから高く売りたい」など、売却の方針を決めるうえでの希望を事前にお伝えください。
売却の理由がどのようなものか、住み替えや老後の生活資金のためなど、理由によって最適な売却方法を検討します。
また、希望の売却価格がある場合は必ずお伝えいただき、実現に向けた売却活動についてご相談させていただきます。

この記事も読まれています|不動産売却にかかる費用はいくら?どんな費用がかかるのかを知ろう!

まとめ

不動産売却時の訪問査定の特徴はどのようなものか、方法やメリットなどを解説しました。
弊社では、売却の際のさまざまなケースでの査定をおこなってきました。
全国を対象に、不動産売却を検討されている方のお問い合わせをお受けしております。
まずは査定についてお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0365553053

営業時間
09:00~22:00
定休日
無し

売却査定

お問い合わせ