自宅に住みながら売却できる?家族と住んだまま高く売却する方法を解説

2022-05-10

自宅に住みながら売却できる?家族と住んだまま高く売却する方法を解説

住み替えなどで新居に移ることになった場合、空き家の状態で売り出しをすべきなのでしょうか。
さまざまな事情から、そのままの状態で売却したいとなる場合もあります。
そこで今回は、家族と住んだまま自宅を高く売却する際の注意点や、弊社ならではの方法などを解説します。
弊社は南から北まで全国で住まいのお悩みを解決していますので、離婚による不動産売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

自宅に住みながら売却したい理由は?

自宅に住みながら売却したい理由は?

できることなら、自宅に住みながら売却を進めたいという方は多くいらっしゃいます。

住みながら自宅を売りたい理由

お子さんやお年寄りのいる家庭は、急な環境の変化はなるべく避けたいもの。
仮住まいを経て、新居に移るというプロセスは、通学や通勤などの環境も変化が多く、大変なこともあります。
新居に直接移れない場合でも、引っ越しは荷造りや力仕事が負担になり、なるべく1回のみにとどめたいでしょう。
仮住まいは家賃も必要で、それは追加の出費にもなりますね。
転校のタイミングとして、あともう少しで進級や卒業という場合、元の環境で過ごしたいという理由も考えられます。

住みながら自宅を売るメリット

住みながら自宅を売却するメリットは、他にもあります。
新しい家の購入タイミングによっては、今の自宅の売却益を次の家の資金にしたり、住み替えの費用に充てることができます。
仮住まいの家賃や引っ越し代なども含め、このコスト面を考えて、多くの方が住みながらの売却を希望される理由となっています。
今の家のローンとまとめて新しいローンを組まない場合、一時的にでも、2重のローンを返済する期間ができるのも問題です。
また、家を買う方の中には、前の居住者がどんな方かわかり、家のことや周辺環境について直接話せてよかったというケースもあります。
実際に家具が配置されていたほうが、暮らすイメージがつかめて良いという方もいます。
しかしそういう方は、どちらかというと少数派です。

住みながら自宅を売るデメリット

なぜ少数派なのでしょうか。
住みながら自宅を売るデメリットのひとつとして、購入希望者は前の方の生活感がある物件について、購買の意欲が薄れる傾向にあることが挙げられます。
また、家族で住んでいる状態で、購入希望者の方の内見を受け付けることになります。
いつ内覧予定が入るか分からないため、そこには日時を問わない配慮が必要になってきます。
そして、住みながらの場合の注意点として、売却が決まってからの移り先が間に合わず、引き渡しが長引いたり遅れたりする事態は避ける必要があります。
購入希望者と売買契約を結んだ時点で、引き渡し日は約束することになりますので、計画的に売却を進めましょう。
不動産関係者の間では、やはり空き家のほうが売りやすいというのが定説ではあります。
ただ、空き家となった家は定期的に風通しや採光をしない場合、多湿な季節などではカビの匂いが出たり、建材が傷みすくなるため、その点はデメリットとなります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

自宅に住みながら売却する方法は?

自宅に住みながら売却する方法は?

自宅に住みながら売却するための、一般的な方法をご案内します。

売却を依頼する媒介契約を結ぶ

まず、売却する方と不動産会社が、買い手を探すための媒介契約を結びます。
媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」がありますが、とくに自宅を初めて売り出す場合は、専属専任媒介契約がおすすめです。
物件情報を不動産業者間に公開するレインズへの登録義務もあり、窓口の不動産会社が1社のみとなりますので、手厚い売却活動につながります。
相談や査定は無料ですが、この媒介契約を結び売却を成功させることによってはじめて、不動産会社は仲介手数料というかたちで収入を得ることになります。
仲介手数料は成功報酬で、物件の販売価格によって報酬額が変わります。
それ以外は交通費や、法的に定められた調査費などの実費がかかるのみです。

売却の広告活動

媒介契約を結んだら、物件の広告をインターネット等で展開し、購入希望者を募る活動を開始します。
購入希望者からより多くの反響を得るためには、物件のなるべく具体的な内容、内外観の画像、映像などを出すことが良いです。
しかし住みながらの場合は、プライバシー保護のために所在地のほか、物件を具体的に特定できるような情報は公開しません。
問い合わせを頂いた方のみ、ある程度の詳細をお伝えしたり、内見をしていただくという段階に進みます。
近隣の賃貸物件へのポスティングなども内容に配慮し、ご希望のない限りはおこないません。
購入する方が決定したら、売買契約を結び、決済と引き渡しという順番で進みます。
引き渡しは所有権移転の登記とカギ渡し、残金の決済を同日におこないます。

住みながら買取を依頼する方法

最初に述べた理由から、住みながら売却を進めたい方は多くいらっしゃいます。
そこで、新居のスケジュールに合わせることができ、手間もかからないのが買取という方法です。
買取は、不動産会社と売買契約を結び、不動産会社が自宅を直接買い取ることです。
買取は家の不具合などについて買主に対する契約適合責任がなく、スピーディーに売却が進む半面、価格が安くなる傾向があります。
売却した手残りのお金が減ってしまうため、弊社では買取をおすすめしておりませんが、窓口としてお受けすることも可能です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

住みながら自宅を売却する際のお悩みは弊社にお任せを!

住みながら自宅を売却する際のお悩みは弊社にお任せを!

当社のノウハウ、活動や、お客様の工夫をお願いすることによって、少しでもお悩みにお応えすべく、サポートをおこないます。

住みながらなるべく高く売る

高く売るために必要な要素は、実は資産価値や立地だけではありません。
以下の2点が大きく作用されると言われています。

  • 安心できる買い物か
  • 第一印象として感じるもの

家に不具合がない、あるいはあっても事前に分かっていれば、買い物の安心感は高まります。
分かっている不具合は、告知義務として物件状況報告書にしっかり記載すればOKです。
通常では分からない不具合、これを隠れた瑕疵(かし)と言いますが、これがないかを事前に調査しておく、ホームインスペクションという方法が普及してきています。
このホームインスペクションを受けておくと、住宅瑕疵保険に加入できるため、買う方にとっては大きな安心につながります。
第一印象として感じるものは、明るさや清潔感といったものです。
弊社では、購入希望の方が空き家の状態をイメージしやすいよう、図面や写真からフルCGでリビングなどの画像をお作りするサービスをおこなっています。

住みながらなるべく知られずに売る

近所への配慮や、さまざまな事情で、転居のお知らせを遅らせたい、大げさにしたくないなどのお悩みもあります。
売却の場合、販売広告を出せば、前述のような配慮をおこなっても、周囲に伝わることはあるものです。
弊社では、一般的な広告を出さず、投資家の方向けに打診して、非公開で買主を決めるという方法をおこなうこともできますので、一度ご相談ください。

住みながらなるべく早く売る

内覧を早く成約につなげるためには、住みながら売却する場合でも、なるべく室内は印象が良い方が望ましいです。
したがって、住みながら売却をする場合でも、内見にそなえてなるべく室内をきれいにし、ものも減らしておきましょう。
家財の一部をトランクルームに預けたり、不要なものの処分を進めるのも効果があると思います。
室内がすっきりすることで、売却に有利になり、引っ越しへの備えにもなります。
長年の汚れを落としておくハウスクリーニングは、住みながらでも依頼が可能ですので、弊社にご相談ください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

家族と住んだまま自宅を高く売却する際の注意点や、弊社ならではの方法などを解説しました。
このようなノウハウを発揮するためには、ご家族個別のご希望や事情をよくヒアリングしたうえで、方針を決めて進めるのが良いです。
アリネットでは全国を対象に、不動産売却を検討されている方のお問い合わせをお受けしております。
弊社では無料査定をおこなっておりますので、まずはお気軽に査定をご依頼ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0365553053

営業時間
09:00~22:00
定休日
無し

売却査定

お問い合わせ