離婚による不動産売却の際におすすめの不動産会社とは?ノウハウや対応を解説

2022-04-19

離婚による不動産売却の際におすすめの不動産会社とは?ノウハウや対応を解説

離婚に強い不動産会社とはどのような存在なのでしょう。
今回は、離婚による不動産売却の際におすすめの不動産会社とはどのようなものか、ノウハウや経験、対応のありかたを、弊社の特徴も含めて解説します。
弊社は南から北まで全国で住まいのお悩みを解決していますので、離婚による不動産売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

離婚の際におすすめの不動産会社とは「希望に沿う」

離婚の際におすすめの不動産会社とは「希望に沿う」

まず、お客様の希望に沿うことについてです。

高く売りたい

離婚による売却はただ売却益を得るだけでなく、ローンの残りを返済したり、財産分与、慰謝料、養育費に充てるなど、切実な用途も関係してきます。
自宅を高く売るためにはさまざまな手段があり、それを発揮しながら売却活動をおこなってゆくのはもちろんですが、まず重要なのは、査定の精度です。
売却の査定額は離婚協議に向けた計画の一部となるため、正確さが求められます。
弊社の査定は過去データだけでなく、地域の不動産取引を行っている業者へヒアリングをおこない、活きた情報を基に適切な査定価格を3日以内にご提案しています。
その結果売却物件の九割が、査定価格の90%以上で成約するという実績につながっています。
高く売るという点では、売り出しの季節や期間まで意識した販売戦略と、ネットワーク、豊富な情報量を駆使し、ご期待に沿うべく動きます。
早く売却することと、高く売却することは相反する要素もありますので、ご要望に応じて納得のいくバランスを目指します。
弊社では九割の案件がご相談から6か月以内に成約しているのですが、例外もあります。
過去の経験では、価格へのこだわりによって、相談から決済・引き渡しまで8カ月も掛かったこともありますので、価格の見切りも重要になります。

知られずに売りたい

離婚による売却では、スムーズな離婚協議の進行や、ご家族の心理状態を考えて、一定期間は周囲に知られずに査定や売却活動を進めたいというご要望があります。
弊社では、インターネット掲載や近隣へのチラシ配布を控えて売却活動をおこなうことができます。
9,600人を超える投資家のリストから買主候補をリストアップし、個別に販売活動等もおこないます。
お客様のご事情に合わせ、売却活動を致しますので、ご安心ください。

住みながら、早く売りたい

離婚による売却の場合、次の移り先の住まいの確定を待たず売却に動いたり、周囲に知られずに売却活動をする場合、住みながら、早くというご要望になるケースもあります。
売却活動が始まると、購入希望の方からご自宅の内見希望が入りますので、その際は現地案内、オンライン含めてご協力いただければ、居住しながらの売却も可能です。
また、購入希望者のメリットを高めて早期売却を目指すためのハウスクリーニングや、ホームインスペクションなども、住みながらの対応が可能です。
これらをおこなうことで、物件の印象アップ、購入希望者の節税や、引き渡し後の不具合の不安を回避でき、早期売却につながるので、ご検討ください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

離婚の際におすすめの不動産会社とは「ノウハウと経験がある」

離婚の際におすすめの不動産会社とは「ノウハウと経験がある」

弊社では離婚・財産分与に伴う住宅ローン整理など、ご自宅の売買を直近2年間で計40件ほど手がけ、ケースに応じた基本的なアドバイスからさせて頂けます。

離婚を扱う難しさとは?

離婚による不動産売却では、元配偶者の方との意志疎通や、意見の統一が必要になります。
信頼関係も万全とはいえない中、利害が対立して綱引きの状況になる局面もあります。
元ご夫婦の関係に誰しも介入はできませんが、「こういうケースではこうでしたよ」という実例をお話することで安心いただき、先に進んでいただくことはできます。
また、いたずらにお二人の話し合いの期間が長引かないスケジュール運びができるのも、離婚問題に強い不動産会社ならではと考えています。

ご自宅をどうするかの判断の複雑さ

前述のように、離婚の場合財産分与、慰謝料、養育費などのお金の問題が検討される中、ご自宅をどのように扱うかの判断が難しいです。
なかには、ご自宅を慰謝料代わりとして、一方が住み続けるという判断もあるでしょう。
しかしそのためには、権利関係などクリアする必要のある問題が複数あり、売却か残すかの判断が必要になります。
売却のタイミングによって、財産分与ではなく税法上贈与として扱われる場合もあり、正しい法律知識でスケジュールを検討することも重要です。
離婚協議書や公正証書などの書面で、法的に離婚と証明することで税法上で財産分与とみなされ、当事者間のトラブルも防止することもおこないます。

住宅ローンの問題

売却の際に住宅ローンの残りがあるか、あればどう対応するかが、経験とノウハウを要します。
売却の際に住宅ローンが残っている場合は、一括返済をする必要があり、ローンの借り換えなどで対応することになります。
また、ご自宅にどちらかが住み続ける場合、住宅ローンの名義や自宅の名義は住む方に統一し、元配偶者は連帯保証人になっていないことが求められます。
そして、離婚問題と同時に経済的な問題から住宅ローンの滞納がある場合は、ご自宅が競売にかかって強制執行される前に、任意売却のかたちで解決をはかる必要があります。
住宅ローンをめぐる問題は、どのようにして金融機関を説得し、ベストの回答を導き出すかが解決のカギとなります。
これらの条件を整備していくための判断のサポートは、経験をもとにした過去の事例が役に立ちます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

離婚の際におすすめの不動産会社とは「柔軟な対応ができる」

離婚の際におすすめの不動産会社とは「柔軟な対応ができる」

売却を進めていくうえで、お客さまとの関わり方も、不動産会社選びのポイントとなります。

担当制で手厚く無駄なく

より深く、より丁寧にご相談をお受けするには、効率重視の分業制より、担当制がおすすめです。
弊社はサービスの質を上げるため、実務経験10年以上のメンバーが担当制でサポートしています。
ご相談からご成約後の不具合も含め、ご満足頂けるまで対応させて頂き、何度も同じことを説明するなど、煩わしさを減らします。

相談のしやすい距離感

離婚に関連した売却の場合、売却活動の進行以外に、売却するかどうかの判断や、離婚協議、財産分与が進行します。
離婚成立や財産分与までに要する期間を通して、気軽に相談のしやすい体制や、時間の自由が利くオンライン面談対応の不動産会社が良いでしょう。
弊社は単に売るだけでなく、悩みやトラブルの解消、お客様の経済的な利益の最大化も目指して業務をおこなっています。

必要な人脈が整っている

離婚と言えば、弁護士に相談を持ちかけるイメージがあります。
しかし、弁護士や税理士など、深い専門分野の方たちでも、離婚の財産分与などについて、総合的な判断は困難なのです。
また、本腰を入れて相談をおこなう場合、相応の報酬が必要です。
離婚問題は勝敗が基準ではなく、複数の要素が絡み合って、法律や税務の知識だけでは解決が難しいです。
不動産会社を軸にして、必要な範囲において専門家にお願いするのが経済的、かつ効率的です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

離婚による不動産売却の際におすすめの不動産会社とはどのようなものか、ノウハウや経験、対応のありかたを解説しました。
離婚にともなう不動産売却の扱いは繊細な問題なうえ、専門的な知識を必要とするため、離婚問題に強い不動産会社を選ぶとスムーズに進めることができます。
弊社では全国を対象に、離婚が理由で不動産売却を検討されている方のお問い合わせをお受けしております。
無料査定もおこなっておりますので、まずはお気軽に査定をご依頼ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0365553053

営業時間
09:00~22:00
定休日
無し

売却査定

お問い合わせ